Jessy's Elegy Starのブログ。
http://jessyselegy.com
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
difficult to cure
 まだだ!
まだ今日は終わらんよ。

夜通しギターを弾いてたら、こんな時間に。
ピックを探して、うっかりエアロのスコアを手に取ってしまったせいか。

今日は十数年ぶりに歯医者に行ってきた。
右奥歯がなんだか虫歯で痛かったんだけど、十分な睡眠で治ると信じて数週間、悪化したぜ。

なにせ十数年ぶりの歯医者だから、俺の知らないうちに歯科医療が飛躍的に進化していて、錠剤なんかを処方されて、寝る前に3錠、あとは十分な睡眠を取ってくださいね、とか言われるかも!なんて少しは期待したんだけど、しばらく通院することになりそうだぜ。

十数年前となんにも変わってないじゃないか。

相変わらず、無駄に尖ったものがこれ見よがしに並べられていて、俺のほうが強いぜ!みたいな主張をしていた。

歯医者、と聞くとこのジャケをイメージしてしまうのはなぜだろう。




歯医者から生還したあとは後輩のプロ格闘家と、フラりとゴハンを食べに行った。
店を出ると、道行く人がみんな空を見上げて騒いでいるので、ついに人類滅亡か!と思ったけれども、月食だったんだね。
一応写メってみたけれども、あんな遠くにあるものが写るはず無いよね。

もはや死兆星にしか見えん。
景色ってのはやっぱり肉眼で見るもので、カメラ越しに見る時間を惜しむべきだね。
と、思っていたら知り合いのプロカメラマンから添付メールが。



プロ、スゲー!!

そして、格闘家くんのバイクに乗っけてもらい、山手通りを帰宅の最中。
信号待ちしていると突然、至近距離で飛行機が飛んでいるかのような轟音が。
どんどん音は大きくなるのに辺りを見渡しても音源が見当たらず、月食も起こったし、ついに人類滅亡か!と思っていたら、ちょうど真隣りにあった山手トンネル出口から大量の暴走族が現れた。

信号が変わるとお構いナシに、というか、むしろ加速して、若干蛇行気味に暴走族の真ん中に突っ込んで行った格闘家くん。
覗き込んだメット越しの横顔にはうっすらと笑みが!
もしや俺を後ろに乗せていることを忘れているのでは!?
トラブっても、わかりやすく、簡潔に、彼がとても強いプロの格闘家であることを口頭で伝えるくらいしか出来ないぜ!?
あ、俺ギターチューニングしなきゃいけないから先行くわ、あと夜露死苦ー!って帰るぜ!?
!?
なんという内山田ポジション!

まぁ、見事に何事も無かったけど。
普段(って言ってもあんまり見かけないけど)外側から見ているモノの、内側に入り込んだのはなかなか楽しかった。
台風の目みたいに、内側だと意外とうるさくないんだなぁ、とちょっと謎の感心をした。

あー、もう昼だ。

尾矢棲見那刺威。



| 11:12 | - | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。