Jessy's Elegy Starのブログ。
http://jessyselegy.com
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
rock n roll all night & party everyday
   明日はライブだから、今日は早く寝よう。
とか、そんな便利に人間の身体はできていないよね。
明日の予定が何も無くても、早くは寝れないけれども。
ブログ書くか。。

しかし、ここ何日か、見事に音楽生活だった。

例のダイジェスト方式だ。

11.22日

the good partyのボーカルだったり、Jessy's Elegyのベースだったり、Jessy's Elegyのギターだったり、胸毛だったりするケンシンに誘われて新宿cat’s holeに出演。

共演した歌い手晴志さん。


11.24日

yourstarのPVでディレクターをやってくれたタケクスに呼ばれ、カメラマンのチョンマゲ君邸へ。

カメラマンのチョンマゲ君。
chonmagekun

一昨日共演した晴志さんだよね?

チョンマゲ君とは長い付き合いだけれども、区別が付かん。
この個性で似ている人が居ると言う事実が愉快だ。
もしも、宇宙人が地球でチョンマゲ君と晴志さんを立て続けに見かけたら、地球人はカラフルな種族だと誤解されてしまうんじゃないか、という危機感を覚えたね。

そんな危機感は置いといて、次はどんなPVを撮ろうか、という夢のある話に溢れた1日だった。
youtubeで色んな動画を見ながらアイデアを出し合っていた時に、偶然ザックワイルドの動画を発見した。

ザックワイルドといえば、デビュー当時はこんな感じで、


オジー・オズボーンバンドに入ってからこんな感じになったのは、周知の事実だけれども、


最近はこんな感じになっていたとは知らなかった!




ソロ部分のバッキングはinto the arenaみたいでカッコ良かったぜ。
goodbye to romance。

11月26日

イカ天時代にマルコシアスバンプ、というグラムロックバンドがありまして、そのバンドのファンの人が主催するグラムロックイベントにサポートで2年ぶりに出演。
2年前はイエモンのエマさんが出てたなぁ。
今回も出演者、客層共に世代が上の人たちばかりで、古き良きライブの空気感満載だったけど、いかんせん知り合いが一人も居ないので主に楽屋でボーっとしてた。
missions

ふと鏡を見たら、友達の新井洋司率いたbandygangのステッカーが貼られていた!
一瞬、アウェイな楽屋がホームになった気がした。
そして、その後、あのステッカーは2年前に俺が貼ったことを思い出したけど、気付かないフリをした。

11月27日

友達と言うかバンドメンバーと言うか、久々にthe good partyのライブがあったので六本木に。

goodpa
※写真はキレイに撮る気ナシ。

ムンタンがうっかり酒鬼ガンちゃんを終電間際に呼び寄せてしまったため、当然打ち上げは朝まで。
召喚士ムンタンは最後の電車が走り去った頃、爆睡。
結局、俺、ケンシン、ガンちゃんのいつものメンバーで語り合う。
時間つぶしにケンシンが相対性理論を本格的に解説してくれたが、もちろん意味はわからなかった。
解説を聞いている間、やたら時間の進みが遅かった気がしたけど、相対性理論ってのは、つまりそういう効果があるのかもしれない。


11月28日

aero

エアロのライブ!!!!!!!!!!

サマソニもフジロックもライジングサンも観るものじゃなくて、出るものだけれども、エアロのライブは観るものだ。
ちなみにツアーTは着るものじゃなくて、飾るもの。
飾るものは大きい方が良いから、サイズは迷わずL。

先月はうっかりモトリーを観に行ってしまったけれど、正直エアロのライブだけ行ければ、他の一切のライブに行けなくてもいい。
全員還暦越えだけど、パフォーマンスも声量も全盛期と比べて一切衰えてない。
モトリーはつまらんパフォーマンス込みで実質演奏1時間ほどだったけど、エアロはキッチリ2時間以上演奏してくれた。
draw the lineから始まってelevatorもedgeもjanie'sもwhat it takesもsweet emotionもlastchildも、もちろんdream onもtrainも、lick and promiseまでも演奏して、walk this wayで終わるまでひたすら没頭。
もちろん、eat the richやtoysやsame old songやbig ten inchや欲を言えばsick as a dogなんかも聞きたかったけど、アレを演るとコレを聞けない、みたいな究極の2択になるからもはや悔いは無し。

俺はロックが好きなんじゃなくて、エアロが好きなだけなんじゃないか、って思う。
俺の憧れ、ボストン帰りの唯一神。

細かく言及すると永遠に終わらん。

11月29日
ムンタン、ケンシンを加え5人でスタジオ練習。
ケンシンの能天気な空気感はスタジオにクリエイティビティも持ち込む、と錯覚しておこう。

11月30日

新宿cat's holeライブ。
ベースはムンタン。
7年ぶりにエアロのライブを見た俺は、瀕死状態から豆食ったサイヤ人どころの成長レベルじゃあないぜ。
当然出来が良かったらしく、演奏後店長がメンバー全員にビールをおごってくれた。

12月1日

ブログなう。
てか、もう暦の上では2日だけど。

12月2日

つまり、時間あったら今日のライブ来てね、ってお話でした。

「祝! LIVE STATION 25th Anniversary」

[公演日] 2011年12月2日(金)
[会  場] 目黒 ライブステーション
[時  間] 開場18時00分 開演18時30分(予定)
[料  金] 前売り2300円 当日2800円(共にドリンク代別)
[出  演] AURA / マオロス F / Jessy's Elegy / Alstro Merry(from大阪)
 
まだ眠くない!

| 07:59 | - | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。